"Bullet" review

2017.09.06.Release New E.P.

M-01 月

M-02 izumi

M-03 牡丹

M-04 ただいま

¥1,000(tax in)

ライブ会場物販/タワーレコード新宿店(店舗限定)

indiesmusic.com/レコードショップZOO

バンドマンやライブハウス関係者にリリースに先駆けて音源を聴いてもらいレビューを書いていただきました!チェック イット アウト!!!


めちゃくちゃ飽きることのない一枚!!キャッチーなメロディでライブでも楽しめる作品になってると思います!個人的に和の雰囲気が大好きなので、M.3の牡丹が大好きです!切なさもあり、懐かしい気持ちにもなれてちょっと切なく。。何度もリピートしてしまいます。ぜひぜひきいてみてください!

MODERN KNOCK Gt/Vo KOYUMI


この名作を聞くと青春の甘酸っぱさを思い出してしまうのは僕だけですか?いいえ、あなたもです。あの頃に帰りたい人、必聴!絶対!たまらねぇです!大好き!ラブ!

FREE CROSS Gt/Vo きょうたろう


 初めてライブでM.4「ただいま」を聴いた時、雷に撃たれたような衝撃を受けたと同時に、この3人の「ただいま」に「おかえり」って叫びたくなりました!この3人だから出せた最強の名盤です!

6thMAN Ba/Vo 小西


ライブでやっていて好きになったあの曲が音源に!笑顔あり、でもどこか切なくて、懐かしさも覚える。美メロにさんちゃんと金魚くん2人の声が最高なんです!たかしもね、最高やで!

何回も聴きたくなるこの音源、みんな聴くべし!そして絶対笑顔になれるAOBAのライブに足を運ぶべし!

とにかく!らぶです!

misfit dislocation Vo/Gt gummi


作品を通して伝わってくる3人のキャッチーさであったり、溢れんばかりの温かみが爆発してます。マジエクスプロージョンです。ライブ未発表の「月」がとんでもなく名曲!聴くだけで優しくなれる、これヤバいっす。

以上、AOBAのことが「月」な「やーしょー」からでした!

6thMAN Gt/Vo (さ)しょーや


笑っちまうくらい汗臭い音源だと思いました。笑汗臭いのに清々しい、どこまでも青いメロディ。

[夢見続けて、息切れするくらい走り続けるロックバンド]僕もそうでありたいと思わされました。悔しさ通り越して痛快です!ありがとうございます!笑

ever youth Vo/Ba 三四郎(神戸KINGSX & BASE)


AOBAの新しいやつ聴きました。あれがどうとか、これがどうとかじゃなくてさ。聴いてよかった。ってなったよ!言葉に嘘がなくて、やつらの等身大な一枚。同世代だからかな、グッときたよ。ありがと!それにしても、最後の曲のコーラスがいいわ!!みんな聴けよー!

SPLASH Vo. KOIKE


一曲目からまじでやばい!聴きごたえの極み。自分個人のお気に入りは一曲目です。前作もかなり良きでしたが今作もはんぱない。1リスナーとして聴いたら最高で、同じバンドマンとして聴くと悔しいんじゃあ、、、でもやっぱ最高です。

PARKLIFE Vo/Gt たいしゅー


力強いのにどこか優しく切ないメロディと歌詞として選び抜かれた言葉1つ1つがしっかりと前に出てて、スゴく胸に突き刺さります!スゴく息の合った安定感抜群なリズム隊に金魚君のパフォーマンスとキャラが最高にマッチしてて新しいし、単純にカッコいいです。

LOOKLIKE  Gt/Cho YUMA


前作はサンちゃんと金魚とタカシが新バンドとして全国に夢中で植えてきた種だとすれば、今作はどんな花を咲かせてくれるのか実に楽しみ。な   新宿発(仮)AOBA。

ツアー中彼等を見かけたら水を与えてください。僕はファイナルでアルコールを与えようと思います。

新宿発(仮)AOBAに。

WeeWee's/PINES パイン(新宿ACB)


パワフルなサウンドから哀愁漂うメロディーに、キャッチーな歌詞がリンクして作り出されるストーリー。きっと分かり合える場面がたくさんあって、どこか懐かしさを感じさせる。あの頃の青春を思い出しながら、これからの未来を描いて夢に向かっていく。

AOBAの3人が作り出したそんな4曲を手に取って聞いて欲しい!そしてライブで上がって欲しい!いつか一緒にライブができるのを楽しみにしてます!おかえりなさい。

Loco Libre Isamu


ふざけた曲を作るって何ヶ月も前から言っていたのに、蓋を開ければ全部ガチ曲!完全にいい意味で裏切られましたw 1本ツアー回って広がった3人の表現力に注目!! え?前作知らないよ。。って方!前作も是非チェックして下さい!

そしてAOBAはライブバンドです(勝手にそう思ってる)!この音源を聴いて良いと思ったらライブに行く事を空前絶後にオススメします!

GoodMorningMom Ba/Cho Kazuki Mizoguchi


AOBAのライブを初めて見たときに涙を流した「ただいま」。AOBAのライブを初めて見たときに耳に残った「牡丹」。やっと音源化きたー。 完全に待ちわびてた。 流行りっぽいとか、便乗とかじゃなくて、AOBAのスタイルが確立された1枚です!!

いつだって「今」が一番だよね。

元気堂Vo 田中貴史


日本、MEETSメロコア!!!

4曲ともAOBAの持つ”和”のテイストが爆発しまくり!琴線にプリプリ触れてきます。目を閉じればそこには花鳥風月が...。むちゃくちゃな日本語ですみません!ただ、聴けば分かる!笑

VIVASNUT  Gt/Vo MASA


まぎれもなく、限りなくAOBA!この1枚は間違いなくアナタを立ち止まらせると思います。

「ウソでしょ?そんなはずないよ」

じゃぁさ、試しに聴いてみて、最高でしょ?

WHY SO SERIOUS?  Dr MISSAN


一足先に【Bullet】聴かせて頂きました。3人の前身バンドから考えると予想もつかなかったけど、それぞれの経験と個性を持ち寄り、それが混ざって溶け合った今のAOBAなら納得!そんなことを感じました。確立した「AOBAらしさ」が詰まった作品と言ったところでしょうか。1stもそうでしたが、2ndもそれぞれ「いい歌」「響く歌」「思わず口ずさんでしまう歌」だけが入ってます。

それってずるくないですか?

Break the Line Vo/Gt 矢中 雄人


AOBAは3人とも昔よく一緒に遊んで貰った近所のお兄ちゃん達に雰囲気が似てます。哀愁のある曲や鋭く尖った曲もあるけど僕にはどれも優しく聞こえます、今回もとても優しかったです。

これからも気さくなお兄ちゃん達で居てください、新譜完成おめでとうございます!

SUNs Gt/Cho 新 哲弥


メロディックパンク・エモ・ 和。3曲目牡丹のメロディは嫉妬っすねoh shitって感じ。曲の所々ハイトーンが入ってくる時のキレ味が個人的にくっそツボ。発売時期も狙ったのかわかんないんすけど、夏から秋にかかる時期にすげえ合うなあって思います。あと4曲ってちょうどいいよね。程よい感じサラッといけちゃうlike a らーめん並。

Ducks Vo/Gt モリタジュン


移動中、仕事の合間の休憩中…ずっとリピートしてる!ポップでキャッチーなのにどこか切ない!メロコアと歌モノの美味しいとこ取り!メンバー三人がやってきたことが感じれる!そんな一枚です!!

AOBA好きっす!必聴!!!

LITTLE WONDERS Ba/Cho 金澤 茂


新しいはずなのにどこか懐かしさを感じさせるメロディとか性質の異なるツインボーカルに絡む絶妙なコーラスワークとかバンドのカラーを保ったまま様々なアプローチで魅せる表現力とかそういうのどうでもいいんですけどめっちゃいいですこれ。

一番いいのは「枯れるまで泣いてー」の部分なのは譲れない。

Reach and Nine Gates Vo/Gt たいげん


日本人なら感じるであろう懐かしさや優しさがたくさん詰まった音源で、飽きることなく聴けるド名盤。

さんちゃんと金魚の歌の掛け合いやコーラスワーク、それを支えるタカシ君のドラムなどなど、聴きどころ満載!

ツインボーカルのよさ、スリーピースのよさ、バチっと出てます。

歌モノ好きのあなたにも、メロディック好きのあなたにも、間違いなくしっかり刺さると思います!

Across the Starfield主催よかbot


出来上がってすぐに届いた、まだCDにもなっていないその曲達を聞いた時AOBAだ!って思った。飾ろうとしないまっすぐでシンプルな歌詞と心地よい歌声とテンポ感、ライブでは思わずシンガロングしてしまいそうだ。4曲目が特に好き。

ライブハウスで目で耳で感じたくなりました、手にとった方がそう思ってくれたらいいなあ。

Photographer Akira"TERU"Sugihara


だいぶアホやのに透き通った歌声を持つ金魚くん、色白ストリッパーお洒落ドラムのタカシ、バンドマンいいヤツランキング東日本1位のさんちゃんからなるAOBA! 懐かしいのに、どこか新しい楽曲はもちろん良いけど、ライブのMCはしょーもないボケ散りばめながら、心の叫びまでも聴かせてくれる。 今のバンドは「これ言っといたらウケるんやろー?」ってちょっと良いこと言うクソMCが多過ぎるやろ!? AOBAは嘘つかん!!

嘘のないAOBAは最高やー!!!!!!

LOSTBOY Gt hito-sick


あ たらしい

お んがくもってる

ば んどだよ

 

純文学的メロディックパンク、ここに現る。

 

現場主義 主催 ヨシダワタル

(#俺たちの吉田)


俺らがバンドを始めたての頃からの兄貴がまた新しい扉を開けに来ましたね!一生チャレンジ精神を背中で見せてくれるのは音源からもヒシヒシと。まわって来た日本各地での想いに風景、人との出会いをAOBAで音にした新譜なんだと勝手に感じさせてもらいました。

SUNs Vo/Ba 加藤 奨


過去を壊し、不確かな今に身を任せ、明日をまだ夢見る。言葉もメロディも声もリズムもサウンドも、今回の4曲を通して悉くこのテーマ、AOBAの音源聴いてるナウ。

AOBAの3人、それぞれ紆余曲折あってここまで来たんだろう。枯れるまで泣いたあの夜を越えたらきっと何か変わる、それでもまだ明日を夢見るのは、叶えると決めた夢をこの手に、ただいまと言える場所で笑うため。なんだか俺もやる気出てきた。

儚く弾け散りゆく花火を見て、2017年夏、今年もここに残るのは、ちっぽけな意地とあの時の衝動。俺も同じだ。レコ発おめでとう。

このレビューの中でたくさんAOBAの歌詞を引用しました、敬意を表して、THEリマインズ 竹内


私は、1曲目の"月"が一番好きです。 メンバー3人の過去を知っている上で聴かせていただいて思ったのは、今やりたことがぎゅっと詰まってるなぁということ。

身体を揺らして楽しみたい人、メロディーの良さにじんわりしたい人、どちらの心もグッと掴む4曲です!

ank Vo/Ba まやみき


哀愁がずっとどすげぇー。思わずお母さんにもその興奮を伝えましたが、『知らない』とのことでした。

ツービートに乗った哀愁プンプンのメロディに絶品ツインボーカル、かなりシコいです。

最後の手拍子とシンガロンはイッキ飲みの際にもお使い下さい。

Bulletどやべぇ。

NOSE GRIND Vo/Ba シュン


『そうそうこれこれ』って思う音源って少なくて。 その中で掛け替えの無い一枚に出会えた気がします。

M●N●96好きの僕にはちょっぴり懐かしく感じました。必聴です!!!!

RING MY HELL Ba/Cho 澤入 龍介(静岡UMBER)